新潟で小顔整形できる美容外科クリニック5院と8つの小顔整形術を紹介!

「顔が大きい」という悩みの方って女性は多いのではないでしょうか。
エステに行っても通い続けないとすぐ戻ってしまいますよね。

 

しかし、最近では美容整形でフェイスラインを整える方が増えています。
なぜなら、注入するだけの施術で手軽に小顔にできるからです。

 

ここでは、美容外科クリニックでで受けられる小顔整形についてご紹介します。
是非、参考にしてみて下さい。

 

新潟の美容外科クリニック5院

湘南美容クリニック

 

全国に76院展開しているクリニックです。
新潟院ではバッカルファット、骨削りの取り扱いがありません。
アラガンボトックスのみ、1年以内に3回施術しても効果がない方は無料で1回施術してくれる安心保障制度があります。

 

小顔整形の種類と料金
種類 施術名 料金(税込)
脂肪溶解注射 BNLS neo(1t)

10本以上の場合:3,600円
10本以内の場合:3,780円

エラボトックス リジェノックス 9,720円
(アラガン) 20,000円
ヒアルロン酸 クレヴィエル(1t) 75,000円
ラインフィールウルトラ 98,000円
脂肪吸引 ホホ 123,520円
アゴ下 92,740円
頬骨上
ホホ+アゴ下 170,100円
ホホ+頬骨上

お顔すっきりセット
(ホホ+頬骨+あご全体)

231,660円
プロテーゼ アゴプロテーゼ 194,400円

 

新潟院の情報

住所
新潟県新潟市中央区万代1-3-10
新潟万代ビル8F

 

アクセス
新潟駅から徒歩8分

 

診療時間
10:00〜19:00(年中無休)

 

 

 

品川スキンクリニック

 

全国に22院展開している品川スキンクリニックです。
手軽な小顔整形が受けられます。

 

小顔整形の種類と料金
種類 施術名 料金
脂肪溶解注射 1日脂肪取りR顔痩せ(1t) 4,268円(3,950+税)
エラボトックス ニューロノックス

初回:1,987円(1,840+税)
2回目以降:11,988円(11,100+税)

アラガン

初回:19,969円(18,490+税)
2回目以降:49,777円(46,090+税)

ヒアルロン酸 プチ輪郭形成(アゴ)

初回:11,988円(11,100+税)
2回目以降:22,000円(20,370+税)

レディエッセ プチアゴ修整 97,999円(90,740+税)

 

新潟院の情報

住所
新潟県新潟市中央区弁天1-1-22
東信新潟ビル2F

 

アクセス
新潟駅万代口から徒歩2分

 

診療時間
10:00〜19:00(年中無休)

 

 

 

植村美容外科・美容整形

新潟駅前の好立地な場所にあるクリニックです。
脂肪溶解注射は3種類を採用しています。
車の場合は連携駐車場に止めると一部負担してくれます。

 

小顔整形の種類と料金
種類 施術名 料金
脂肪溶解注射 輪郭注射(1部位・1t) 6,480円(6,000+税)
BNLS(1部位・1t) 6,480円(6,000+税)
BNLS neo(1部位・1t) 9,288円(8,600+税)
エラボトックス ボツリヌス・トキシン 27,000円(25,000+税)
ボトックスビスタ 54,000円(50,000+税)
ヒアルロン酸 アゴ 43,200円(40,000+税)
プロテーゼ アゴ修正 324,000円(300,000+税)

 

植村美容外科・美容整形の情報

住所
新潟県新潟市中央区東大通1-1-1
第5マルカビル4F

 

アクセス
新潟駅万代口から徒歩1分

 

診療時間
10:00〜19:00(不定休)

 

 

 

Nクリニック

新潟駅万代口から徒歩10秒の好立地にあるクリニックです。
手軽にできる小顔整形が受けられます。

 

小顔整形の種類と料金
種類 施術名 料金
脂肪溶解注射 輪郭注射(1t) 5,292円(4,900+税)
BNLS neo(1t) 7,452円(6,900+税)
エラボトックス ボツリヌス・トキシン 32,400円(30,000+税)
ボトックスビスタ 20,520円(19,000+税)
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸(アゴ) 21,384円(19,800+税)
レスチレン・パーレーン(アゴ) 29,160円(27,000+税)
ジュビダームビスタRウルトラプラス(アゴ) 64,800円(60,000+税)
脂肪吸引 ホホ 162,000円(150,000+税)
アゴ
プロテーゼ アゴ修整 324,000円(300,000+税)

 

Nクリニックの情報

住所
新潟県新潟市中央区花園1-2-1
フォーサイト花園6F

 

アクセス
新潟駅万代口から徒歩約10秒

 

診療時間
10:00〜19:00(不定休)

 

 

 

やまもと形成外科クリニック

連携している駐車場に止めると一部負担(あるいは無料)してくれます。
エラボトックスは、アラガン社製の「ボトックスビスタ」を採用しています。

 

小顔整形の種類と料金
種類 施術名 料金
脂肪溶解注射 メソセラピー(1ヶ所) 16,200円(15,000+税)
エラボトックス ボトックス注射(エラ) 64,800円(60,000+税)
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸注射(1t) 108,000円(100,000+税)

 

やまもと形成外科クリニックの情報

住所
新潟県新潟市中央区本町通7番町1085

 

アクセス
・新潟駅から徒歩22分
・バスで新潟駅前→本町まで(約10分)

 

診療時間
10:00〜19:00(日祝は休診)

 

 

 

 

8つの小顔整形と特徴

小顔整形にはたくさんの施術方法があります。
簡単にできるものと大掛かりなもの分けて小顔整形の種類と特徴を見ていきましょう。
(医師やクリニックによって施術方法が異なり、ダウンタイムにも個人差があります。)

 

簡単にできる小顔整形


(出典:Children Living

 

脂肪溶解注射

脂肪をなくしたい部分に脂肪溶解注射するだけで小顔が手に入れられます。
近年では「BNLS」という腫れづらい脂肪溶解注射を取り扱っているクリニックが殆どです。

 

BNLSは植物由来でアレルギーの心配が少ないとされています。
また、抗炎症・創傷治療効果のある成分が含まれているので痛みやダウンタイムを軽減してくれます。

 

1度分解された部分は脂肪がつきにくくなるため、リバウンドの心配がありません。
血液やリンパの流れを良くする成分が含まれているので、分解された脂肪や溜まっていた老廃物を促す作用もあります。
そのため、最短で3日程度で効果を発揮させます。

 

 

エラボトックス

ボトックスは筋肉の働きを抑制させる薬剤です。
このボトックスをエラ部分の筋肉(咬筋:こうきん)に注入することで咬筋を抑制させます。
そのため、使われなくなった咬筋は小さくなってエラが目立たなくなるというものです。

 

しかし、咬筋は徐々に委縮していくため、効果を実感しにくいといわれています。
また、1度の注入では効果がなく、再注入が必要です。

 

ボトックスは3ヶ月〜半年の持続とされています。
繰り返し注入することで咬筋を使わない癖がつき、半永久的に持続するともいわれています。

 

 

ヒアルロン酸

高さがほしい部分にヒアルロン酸を注入して輪郭を整える方法です。
メリハリを出すことで小顔に見せることができます。
痛みやダウンタイムはほとんど少ないですが、稀に腫れや内出血が考えられます。

 

ヒアルロン酸は元々人の体内に存在するものなのでアレルギーの心配はありません。
しかし、時と共に体内で吸収されるので元に戻ってしまいます。

 

 

レディエッセ


(出典:東京イセアクリニック

 

あごや鼻筋などの低いパーツにメリハリをつけて輪郭を整える方法です。
主に含まれている成分が人間の骨を形成する成分のため、アレルギーが出にくいとされています。

 

しかし、時と共に体内に吸収され、1〜2年程度で元に戻ってしまいます。
ヒアルロン酸と似た注入剤ですが元に戻せる溶解剤はありません。
また、目の周りに注入することができないとされています。

 

 

本格的な小顔整形


(出典:Wellady

 

メスを使った施術なので身体への負担が大きく、リスクも高くなります。
しかし、プチ整形と違って劇的な変化と持続性があるとされています。
大掛かりな小顔整形の特徴を見ていきましょう。

 

脂肪注入

顔周りの余分な脂肪を吸引してスッキリさせる方法です。
吸引部分によって切開する場所が異なりますが、切開して極細の管を挿入して吸引します。

 

脂肪吸引することで腫れや内出血、むくみなどのダウンタイムが考えられます。
そのため、術後からサポーターなどつけて圧迫します。
完全に腫れやむくみが引くまで数週間かかります。

 

 

バッカルファット

頬の深いところにバッカルファットという脂肪があります。
この脂肪を取り除くことで小顔効果と共に、頬のたるみやほうれい線を解消することが可能。
また、老化防止のため、若いうちからバッカルファットを取り除く方もいるようです。

 

口内の頬側をメスで切開し、バッカルファットを抜去します。
バッカルファットを抜去し過ぎ要ると頬がこけてしまうので注意が必要です。
腫れが1週間程度ありますが、口の中を切開するので傷跡の治りが早いでしょう。

 

また、脂肪細胞そのものを抜去するため、半永久的に持続されるとされています。

 

 

プロテーゼ


(出典:東京イセアクリニック

 

あごにプロテーゼを挿入してメリハリをつけ、小顔に見せる方法です。
歯茎下(口内)を切開して骨膜下にプロテーゼを挿入します。
口の中を切るので傷口が外から見えることがなく、治りも早いでしょう。

 

しかし、術後から強い腫れや内出血を伴います。
個人差がありますが、完全に引いていくまで数週間かかってしまいます。

 

骨削り


(出典;小木曽クリニック

 

コンプレックスとなる骨自体を削って輪郭形成し、小顔効果が得られる方法です。
他の小顔整形より比較的大掛かりでリスクが高いなります。
全身麻酔するため、意識がない状態ですが麻酔が切れた時に激しい痛みがあるようです。
身体への負担が大きく、最低1日の入院が必要とされています。

 

ダウンタイムが長く、強い腫れが1〜2ヶ月程度続きます。
完全に引くまで半年くらいかかるといわれています。
また、神経を傷つけて痺れや麻痺を生じるケースも考えられます。

 

劇的な変化と1度行えば一生ものの効果が手に入れられますが、リスクがあることを覚悟しておきましょう。

 

 

 

page top